文字の大きさ 電話

水子供養について

お電話をいただく方の中には「水子の霊が憑いている」と言われ、不安になりご相談をいただくことがあります。
霊源院では「水子=祟る?災いを起こす?」とは考えておりませんので、水子の除霊をしている訳ではございません。
当院では、ご当人様と一緒に亡きお子様の追善供養をしております。

 

水子供養の種類

くぎかけ水子供養 

くぎかけ水子供養 『布の一寸地蔵さん』

『布の一寸地蔵さん』

くぎかけ水子供養は、境内の蓮華堂(れんげどう)に、布の一寸地蔵さんを1年間奉安していただくご供養です。
ご供養当日は、先に本堂でお子さんの追善法要を行い、ひきつづき蓮華堂でお地蔵さんを奉安していただきます。
奉安後の1年間は、蓮華堂へ自由にお参り下さい。
1年満了後に、各家のお地蔵さんをご供養しお焚上げさせていただきます。お焚上げの際に残った灰は、蓮華堂隣の子安地蔵社に納めますので、その後はこちらにお参りください。

永代水子供養 

永代水子供養 『石の四寸地蔵さん』

『石の四寸地蔵さん』

永代水子供養は、石の四寸地蔵さんを境内のお堂に奉安していただくご供養です。毎月23日には、永代水子供養の方を対象とした回向を行い永代供養いたします。
ご供養当日は、先に本堂で水子さんの追善法要を行います。その後、蓮華堂に石の四寸地蔵さんを奉安していただきます。
33ヶ月間は蓮華堂にお参りいただきますが、その後は、お地蔵さんを絆縁堂(ばんえんどう)に移します。絆縁堂に移動後も、毎月23日には回向し永続的にご供養いたします。

 

ご納骨

ご納骨

流産などをされてご遺骨ある方は、境内墓地内にございます水子永代供養塔にご納骨していただけます。
ご納骨後はご自由にお墓参りをしてください。
バケツと杓は墓地の入口付近に建つ地蔵堂横にご用意しております。

ご納骨料 5万5千円(本堂での追善供養料を含む)

お骨壺から布の袋へ移してご納骨いたします。
※埋葬後、ご遺骨は返却できません。
※綿(めん)などの天然素材で作った袋をご用意ください。
ご遺骨の入る寸法でしたらサイズは問いません。

 

ご命日に読経をご希望の方へ

蓮華堂での読経

一寸地蔵さんや四寸地蔵さんを奉安された方や納骨をされた方には、お盆・お彼岸・命日などの節目となる日に読経し水塔婆を奉納していただきます。(ご納骨の方は墓前で読経いたします)
読経をご希望の方は、お堂内に備え付けの「蓮華堂回向依頼書」でお申込みいただくか、お電話でご予約ください。
蓮華堂にお参りできない方の場合も、ご希望の日に読経し水塔婆を奉納いたします。

子安地蔵社

子安地蔵社

くぎかけ水子供養の期間の満了を迎えた一寸地蔵さんは、読経しお焚上げいたします。
お焚上げした後の一寸地蔵さんの灰は、蓮華堂横にございます子安地蔵社に納めさせていただきます。
くぎかけ水子供養の期間を満了された方は、子安地蔵社にお参り下さい。

絵馬

絵馬

境内地蔵堂に祈願絵馬を奉納していただけます。
絵馬には、家内安全・交通安全・恋愛成就・安産祈願・学業成就・商売繁盛・開運招福・健康祈願など、ご希望をご記入ください。
古い絵馬は、不定期にご回向してからお焚き上げいたします。お焚き上げした灰は、お地蔵さまの下に納めさせていただきます。

祈願 六地蔵尊絵馬 奉納料 五百円~

蓮華堂

蓮華堂

門を入り右手にあるお堂が蓮華堂です。
お堂の中のお地蔵さん達は、ちっちゃな体で水子さんをお守りしています。

蓮華堂 堂内

  • お堂の中央にご本尊である地蔵尊をお祀りし、ご本尊を囲うように水子供養をなされている方達の『お地蔵さん』が安置されています。
  • 照明設備も整っていますので、夜間もお参りいただけます。
  • 着せられた洋服や供えられた玩具を拝見しておりますと、皆様が熱心にご供養されている姿に感心いたします。
サイドナビ