文字の大きさ 電話

霊源院の水子供養

大切にしていただきたいもの

水子さんの尊霊、成人の尊霊、ご先祖の尊霊、大事な故人という意味において何ら違いはありません

水子供養は致した方が良いのでしょうかという問い合わせを時々頂戴致します。流産の場合、中絶の場合を問わず、大事な命、あなたにとって大事な故人です。無理を致す必要はありませんが、ご自身の身の程でお供養は致さねばという気持ちは失わぬように心がけてください。霊源院には毎日多くの皆さんが水子供養にお越しになり、境内の蓮華堂へ奉安なされたご自身の地蔵尊へお参りされています。若い世代の方々や、ご年配のお方様など、世代の区別なく大事な故人として水子さんのお供養に来ておられます。

御堂では皆様の赤ちゃんの尊霊をお祀りしています

ご自宅にて尊霊をお祀り出来ない方は多いと存じます。そのような皆さんが故人の尊霊をねんごろにお供養していただく場として、水子供養の御堂「蓮華堂、絆縁堂」がございます。御堂には、水子さんをお守りくださる地蔵尊をお祀り致し、ご自身が尊霊をお祀り致すお仏壇の役割を担わさせて頂いています。朝7時から夜9時まで自由にお参り頂けます。先ずは尊霊をお祀り致している御堂に、ご自身のペースでよいのでお参りくださり故人を追慕して下さい。成人の尊霊と変わりなく、祥月命日(年に一度のご命日)は忘れずに手を合わせ、可能な方は尊霊をお祀りする御堂にお参りください。事前にご連絡をいただきましたら、追慕の読経をさせていただきます。お亡くなりになってから、初めての祥月命日を一周忌といいます。一周忌にはお亡くなりの赤ちゃんを追慕し、ご供養する行事として成人の供養と同様に大切にしていただきたく思います。

法事は心の節目

一周忌という法事の意義は、故人の供養だけではありません。辛い出来事から何とか一年を迎えて、心も身体も無事に過ごすことが出来ましたという感謝の気持ちを知己の方々へお伝えし、故人へ報告をする儀式でもあります。そして、此処から一年間、自分を見つめ直して、しっかりと生活してまいりますとの表明の場でもあります。水子供養にお越しの皆さんも、お亡くなりの赤ちゃんに向かって合掌し、「しっかりと生活してまいります」と、お誓い頂きたく願います。成人の場合は、一周忌の翌年に3回忌という法事がございます。故人への感謝を胸に、安らかな気持ちで尊霊に向き合っていただければと思います。法事というと、準備や親族への連絡等で忙しそうにしている両親を見て、あまり良い印象をお持ちでない方もおられるかもしれません。ねんごろに手を合わせ、お供養をなさりたいという気持ちがありましたら、それで十分です。自身の尊霊への追慕の読経を希望される方は、声を掛けて下さい。

サイドナビ