文字の大きさ 電話

永代供養のお墓 京都市東福寺霊源院

ご家族の永代供養墓をお考えの場合

当院の永代供養墓「浄心壇」「安養墓」は、いつまでも撤去されないお墓として、永代に亘り霊源院が維持管理いたします。

永代供養 浄心壇

永代供養墓 浄心壇

シンプルなデザインが人気の永代供養墓

一式費用

150万円・162万円(税込)

 

永代供養 安養墓

永代供養墓 安養墓

風格ある墓石には骨壺のまま納骨が可能

洋型・和型 一式費用

322万円(税込)

 

一式費用には 墓地使用料・墓石代金(税込)・2名様の永代供養料・永代管理が含まれています。

お墓の予約をご希望の方は

墓地をご見学いただいた際に、お墓の予約を希望される方は「安養墓・浄心壇 申請書」をご記入いただきますいただきます。通常の場合、予約の期間は2週間程度とさせていただきますが、期間の延長を希望される方はお申し出ください。予約金は不要ですので、キャンセルの際の罰則はございません。キャンセルの方は電話でお知らせください。

「浄心壇・安養墓申請書 見本.pdf」

ご家族のお墓としてのお申し込み方法

過去の事例より、ご希望の多かった3通りのお申し込み方法を紹介させていただきます。

まずは「夫婦のお墓」→「家族のお墓」を希望の場合

霊源院の永代供養墓では、事前に永代供養をさせていただく方を2名登録させていただきます。

上記の申請用紙記入欄ですが、ご夫婦ともにお元気で生前墓の予約をされる場合は、申請書の中段あたりの埋葬予定者記入欄の「生前予約の方」にご夫婦の氏名をご記入いただきます。

どちらかがお亡くなりの場合は、「お亡くなりの方」に氏名をご記入いただきます。

最近の傾向

核家族のご家庭が増えますと、ひとつのお墓を子々孫々使用し守り続けることに無理が生じてまいります。必ず後継者を必要とする既存のお墓のルールでは、お墓の維持が困難になり、昨今の墓じまいブームへと繋がってしまいました。そのような中で、後継者の有無にとらわれない永代供養墓を支持する方々が増えています。当院の永代供養墓は、永代供養料を追加することで人数制限なくご使用いただけます。遠方等の理由で、ご子息が両親のお墓に入ることを希望されない場合でも、無縁墓地として撤去されることはありません。永代供養墓を選択される方は「このお墓に入るかどうかは子供が決めればよい」と考えて、まずは自分たち夫婦のお墓を確保されています。

備 考

当院では、墓地使用者の意思を先々まで守るために、登録されていない方の納骨はできません。将来に予定が変更になり、ご子息もお墓に入ることを希望される場合は、墓地使用者やご家族に確認した上で登録させていただきます。この場合には、1名様につき永代供養料10万円の追加が必要です。

長男夫婦とのお墓をご希望の場合

ご主人が亡くなられて、ご長男夫婦を生前に登録した場合の記入例です。

長男夫婦に限らず、長女・次女などのお子様を生前登録される場合も同様です。

申請書の中段あたりにある、埋葬予定者記入欄の「お亡くなりの方」に故人様の氏名、「生前予約の方」にご存命の方の氏名をご記入いただきます。

この場合の費用ですが、「山田一郎様・一子様:2名様分」の永代供養料20万円の追加が必要です。

墓石に、太郎様の霊名(戒名・法名など)・俗名・死亡年月日・享年(行年)の彫刻をご希望の場合は、彫刻費用として55,000円(税込)が必要です。

アドバイス

初回お申し込み時に、山田一郎様・一子様2名様分を登録していただくことも出来ますが、先々の必要時に追加登録していただくことも可能です。

その他の説明につきましては、上記の「最近の傾向と備考」をご参照ください。

ご先祖様の改葬と今後の家族のお墓としての使用をご希望の場合

墓じまいをされたご先祖様の改葬先として永代供養墓をお考えの方の中には、先々に家族のお墓としての使用を予定される方が増えています。

申請書の中段あたりにある、埋葬予定者記入欄の「お亡くなりの方」にご先祖様家名、「生前予約の方」にご夫婦の氏名をご記入いただきます。

ご先祖様の永代供養料として、10万円の追加が必要になります。

ご先祖様を代々で永代供養をご希望の方を例にあげましたが、ご先祖様を個別一人一人の永代供養をご希望の場合は、人数分の永代供養料の追加が必要です。

また、墓石に「〇〇家先祖代々之霊位」と彫刻をご希望の場合は、彫刻費用として55,000円(税込)も必要になります。

ご先祖様の遺骨の改葬には、改葬許可証が必要です。

その他の説明につきましては、上記の「傾向と備考」をご参照ください。

永代供養之証

霊源院では、墓地使用許可と埋葬者(予定者)の登録の証明として、永代供養之証を墓地使用者にお渡しいたします。

折角墓所を確保していただきましても、ご本人以外の方々がお墓の存在を知らなければ、お墓に納骨をされないという悲しい状況になってしまうかも知れません。

永代供養之証は大切な書類ではありますが、分かりにくい場所にしまい込まずに発見されやすい場所に保管をしていただきました方が賢明です。

額に入れて壁に掛けていただくなども、一つの方法かと思います。

 

京都市東福寺霊源院永代供養墓の資料請求永代供養墓の資料請求はこちら

霊源院永代供養墓 用語やその他の説明

墓地使用料

墓地を永代に亘り使用する権利を得ていただくために必要な費用です。後継者による承継手続きが行われない場合であっても、墓石が著しく風化し撤去の必要が生じるまで権利は継続します。

墓石代金

墓石を建立するにあたり必要な費用です。一式費用には、家名・家紋・建立記録の彫刻を含みます。

永代供養料

一式費用には2名様の永代供養料が含まれています。3名様以上の埋葬をご希望の方は、1名様追加毎に10万円の永代供養料が必要です。ご納骨された以降は、毎年9月の秋彼岸に合同法要を行います。合同法要では、参加を希望のご家族と共に、故人の安らかなご冥福をお祈りいたします。

永代管理

霊源院の永代供養墓は、全て永代管理のため、先々の維持費は不要です。管理料の徴収はなく、管理料未納による墓地使用権の失効はありません。

永代供養墓の使用規程

「浄心壇・常久観音墓・安養墓使用規程.pdf」

お支払いについてのお願い

一式費用には墓石代金が含まれますので、お客様から当院に直接お振込みをいただきますと、寺が墓石の販売をしていることになるそうです。法人税について税務署の指導がありましたので、費用は指定石材店のオフィス石太郎にお振込みをお願いします。

お客様→(全額)→オフィス石太郎→(墓石代金以外)→霊源院

サイドナビ