文字の大きさ 電話

お墓・永代供養のQ&A

Q1.一般的なお墓と霊源院の永代供養墓の違いは?

一般的なお墓と霊源院の永代供養墓を比較していただけるように、各々の特徴を列記いたしましたので参考にしてください。

  • 一般的なお墓の場合

  • その時々に墓地を承継した墓地名義人が、定期的に墓地管理料を納めることでお墓を維持します。
  • 墓地使用者が石材店に墓石工事を依頼し、墓石を建立します。
  • 地震やその他の原因で、墓石が損傷した場合には、名義人(ご家族)が墓石の修理を行います。
  • 墓地管理料が長期間未納になると、法定手続き後に無縁墓地として墓石が撤去されます。
  • 墓じまいをされる場合は、名義人が墓石撤去費用を負担し更地に戻し、墓地管理者に墓地を返還します。

霊源院の永代供養墓の場合

  • 墓地管理料は、初回申込時に前納する永代管理のため先々の管理料納付が不要です。
  • 霊源院が石材店に墓石工事を依頼し墓石を建立します。
  • 墓石が損傷した場合は、墓石所有者である霊源院が使用規定に基づき修理を行い、墓地使用者は修理代を負担しません。
  • 墓地管理料の請求がないため、管理料未納による墓石の撤去はありません。
  • 永代供養墓は霊源院が維持管理しますので、無縁墓の不安が解消し墓じまいの心配がありません。
  • 霊源院の永代供養墓は、子供(承継者)の有無にとらわれることなく、建てていただけるお墓です。

 

Q2.墓じまいとは?

郷里などに建つお墓よりお骨を上げて、墓石の撤去をし墓地を更地にすることを「墓じまい」と呼んでいます。

墓じまいの注意点

  • 墓じまいをされる際には、拾い上げたお骨を、別の場所に埋葬する必要がございます。
  • 墓じまいをご計画の際には、後々に揉めない様に必ず親戚の同意を取り付けておく必要がございます。
  • お世話になっている菩提寺に相談し、墓石を撤去する前に魂抜きを行ってください。(宗派により違いがございます)
  • 墓石の撤去を依頼する石材店ですが、墓地・霊園によっては指定石材店が決まっている場合があります。
  • 墓石の撤去作業の際は、事前に墓地・霊園の管理者に連絡し、管理者のアドバイスや墓地規程に沿った方法で進めてください。

 

Q3.永代供養とは?

永代供養とは、お亡くなりになった方々のご供養を、定期的・永続的に行うことをいいます。

ここでは、霊源院の永代供養についてご紹介いたします。

  • 下記の方々の永代供養が行われています

  • 永代供養墓の申し込みの際に登録を済ませた方。
  • 本堂に位牌を奉納して永代供養を申込された方。
  • 合祀墓や一般墓に埋葬された方の中から個別に永代供養を申込した方。
  • 水子供養で永代供養をご希望された方。

永代供養には、年牌(年に1回)・月牌(月に一回)・日牌(毎日)の種類がございます。

永代供養墓水子供養の方には、年に1回のご供養が定期的に行われています。

本堂にお位牌を奉納(位牌奉安)された方の中には、月に一度読経を行う月牌をお申し込みされた方もおられます。

霊源院では、永代供養をご希望の方の生前予約も受付けています。

 

Q4.永代供養の生前予約とは?

そもそもの永代供養では、絶家してしまう人が菩提寺にお願いし、ご先祖様の位牌を託していました。

少子化の時代を迎え、一人っ子同士の結婚が当たり前の世の中では、子供達の負担が増えています。

このような時代には、供養の在り方も徐々に変化しつつあります。

子供への負担軽減を考えた、自身のエンディングプランとしての終活に取り組む人が増えてまいりました。

霊源院からのご提案

  • 核家族化が進んだ中では、菩提寺を持たないお家や、お寺と縁のなかった方々が大勢おられます。
  • このような人たちの中にも、「お葬式の時にはお坊さんにお経をあげてほしい」「お墓には入れてほしい」と仰る方もおられます。
  • 霊源院では、一つのご提案として、生前にお墓の確保をおすすめしています。
  • 永代供養墓を申込いただく際には、永代供養をさせていただく方を登録していただきます。
  • お墓を確保していただいたことが縁となって、仏事の事や先々の心配ごと等のご相談をいただく機会が増えてまいりました。
  • 永代供養墓を生前確保された方からは、色々なご相談をいただいております。

 

Q5.本堂でお葬式はできますか?

永代供養墓を申し込んでいただきました方より、「本堂でお葬式ができますか?」というご質問をよくいただきます。

終活に取り組まれている方や、最近家族を亡くされて葬儀を経験された方々の中には、将来のご自身の葬儀についても考えておられるようです。

ご相談では、あまり費用を掛けずにお葬式をする方法など、簡素な感じのご葬儀を希望されている人が多いようです。

霊源院からのご提案

  • あまり費用を掛けずにご葬儀を行う方法として、当院の本堂でお葬式をする「骨葬(こつそう)」をご紹介しています。
  • 本堂での「骨葬」では、葬儀会場費用が不要になり、仏具なども本堂に備えられていますので、かなり出費を抑えていただくことができると思います。

 

Q6.祥月命日とは

年に一度のお亡くなりになった月・日の事を祥月命日(しょうつきめいにち)といいます。毎月のお亡くなりになった日は、月命日(つきめいにち)といいます。

月という漢字が入りますので、月命日と混同されやすいのですが、例えば3月1日に亡くなられた場合では、1月1日・2月1日は月命日、3月1日は祥月命日になります。

3回忌や7回忌などの法事に当たる年以外では、祥月命日にお墓参りや、ご住職に墓前回向(ぼぜんえこう:お墓の前での読経)をお願いされたり、お仏壇に好物だったものをお供えしたりして、ご家族がそれぞれに供養をされています。

 

Q7.納骨袋とは?

「お坊さんと納骨の打ち合わせをしていた時に、納骨袋を用意するように言われました。納骨袋って何ですか?」という質問をいただきました。

地域により風習は異なりますが、関西エリアなどでは、お骨を骨壺から布の袋に移し替えてから、お墓に納骨いたします。

お骨の入れ替えに使う袋を、納骨袋といいます。

墓石地下の納骨室の形状も、その地域の風習に合わせたものが使われています。

納骨袋を手作りされる場合は

  • まず納骨袋の材質は、一般には木綿をよく使いますが、天然素材でしたら使用可能です。
  • 袋の中に骨壺がすっぽり入る大きさが好ましく、袋の中の骨壺を横に寝かしても余裕がある大きさが、より好ましい。
  • 袋の開口部が巾着になっているか、紐で縛れるようになっている。または縦寸法が折りたためる長さにになっている。

納骨袋は市販品の購入も可能で、骨壺によっては、あらかじめ納骨袋が付属されている場合もございます。

お骨を納骨袋に移すタイミングにつきましては、寺院により異なると思います。

一般には納骨式の当日に墓前で移し替えをする場合が多いのですが、詳しくはご住職から説明がございます。

 

Q8.苗字の違う人は同じお墓に入れないのでしょうか?

墓地によっては、お墓に入れる人に制限を設けている場合がございます。

まずは、お墓のある墓地の使用規程など規約を確認する必要がございます。

霊源院墓地の場合では、一つのお墓に姓の違う方が入られる場合には、墓地名義人に確認をさせていただきます。

墓地使用規程には制限を設けておりませんので、ご家族間で問題がないことの確認のみを行なっています。

お墓の在り方も変わりつつあります

  • 昨今の少子化により一人っ子同士の結婚が一般化しつつあります。
  • このこともあって、双方のご両親を一緒に供養するお墓として、永代供養墓をご検討される方も増えています。

 

Q9.宗派が違いますが問題ないでしょうか?

霊源院の永代供養墓の場合は、宗派を問わず受付けています。

仏教には沢山の宗派がございますが、霊源院は臨済宗の寺院のため、ご納骨時や毎年の合同法要では臨済宗での法要が行われます。

皆様の中には、父母・祖父母の宗派を知らない方も大勢おられる反面、熱心に信仰している宗教のある方もおられます。

ご両親の宗派や各自が信仰されている宗派が臨済宗でない場合では、そのことが大きな問題になってしまう人もおられます。

宗派にこだわりを持っておられない人には、お墓がご縁で良い仏縁になる場合もございます。

憲法では、信教の自由が保障されていますので、どの宗派を選択されても、特に自身の宗派を決めなくても、法的には何も問題はございません。

霊源院では

  • 永代供養墓の場合には、お申込み後に改宗をお願いすることは無く、ご戒名やお仏壇の変更をお願いすることもございません。
  • 菩提寺のない方で、先々に法事やお葬式をご希望される方には、その時々に合わせた法要を執り行わせていただきます。
  • 仏教では、三回忌や七回忌などの回忌法要と呼ばれる法要がございます。
  • 当院で回忌法要をご希望の方には、本堂で法要をすませた後に、墓前での読経を行っています。

 

Q10.四十九日法要とは?

「お葬式から四十九日までを喪中といい、四十九日で忌明けと聞きましたが、どのような法要でしょうか?」

仏教では、人がお亡くなりになりますと、亡くなられた日を含む49日の間、後生(来世)を定めるための修行をするとされています。

49日の間に仏様と出会い様々な教えを授かります

  • 亡くなられて7日目(初七日)は、不動明王様の前で、過去の懺悔をいたします。
  • 14日目(二七日)には、お釈迦様と出会い、前世での行いを懺悔します。
  • 21日目(三七日)は、文殊菩薩様より、智慧を授かります。
  • 28日目(四七日)は、普賢菩薩様より、施し・戒律・忍耐・精進・精神集中・智慧など修行の術を授かります。
  • 35日目(五七日)は、お地蔵様に、苦しみを取り除いてもらい徳を授かります。
  • 42日目(六七日)は、弥勒菩薩様より、自分以外の人が悟るために手助けをする方法を教わります。
  • 49日目(七七日)は、薬師如来様が、後世を定める最後の確認と、まだ苦しみが残っている場合には取り除いてくださいます。

四十九日(七七日)間に、故人の魂は磨かれていき、残された遺族の魂も磨かれます。

仏教では、亡くなられた後に様々な仏様と出会い、その時々に教えを授かり、最後の修業を経て忌明けを迎えます。

 

Q11.墓石建立者に朱色を塗るのは何故ですか?

関西エリアでは、墓石を建てる際に、建てた人の名前に朱色を塗る風習がございます。

いつから朱色を入れるようになったのか?その理由は何故なのか?という事に関しましては、いまだ想像の域をでません。

朱色を入れる場合は、アンダーネームだけに入れる場合が一般的ですが、石材店によってはフルネームに入れているところもございます。

関西でも地域や石材店によっては、朱色を入れない場合もございます。

全国的にみますと、朱色を入れるのはローカルルールといえます。

他エリアの人の中には、「生前に墓石に戒名を彫刻する場合のみ朱色を入れるのが正解で、建立者名を朱色にするのは間違いだ!」という意見もございます。

「朱色を入れるのは正解だ!」とも言えない現状では、正否を明らかにできません。

なぜ朱色??

  • 「なぜ朱色なのか?」という事について思いを巡らせてみたいと思います。故事より、銀は魔よけの金属として用いられてきました。大昔は、朱色を作るために水銀を使ったそうです。銀の入った塗料に魔よけの意味を込めて、神社の鳥居や欄干などが塗られていたのではないかと想像できます。これらをお墓に当てはめて、当時の人が墓石に自分の名前を彫刻するにあたって、何となく気色悪い気持ちを解消するために塗り、これが流行ったのではないか?という可能性もゼロではないと思います。真意のほどは謎ですが、建立者に朱色を塗る風習は、地域によっては今も根付いています。

 

サイドナビ